2010年10月21日

恐怖心を植えつけて金儲けをする。


 医者から余命三ヶ月ですと言われたれら、恐怖心を持つ。

 死ぬのはいやだと思う。

 先生助けてと思う。

 それで、手術なり抗がん剤なり、放射線なりの治療を受ける。

 テレビドラマでガンを扱った番組が多い。

 「白い巨塔」「余命三ヶ月の花嫁」「振り返ればやつがいる」。

 ガンについてのドラマや映画を見ると、ガンになりたくない。

 ガンになりたくないと思う。

 で、病院に検診に行き、医者が儲かるという筋書きなのである。

 ヤフーもイルミナティの一員ですかね?

 ピンクリボン運動をして乳がんの早期発見、早期治療を進めている。

 乳がんが見つかってもNK細胞がガン細胞を殺すので治療が必要だと断定できない。

 直径1mmの乳がんが見つかっても、自然に治る可能性があるのではないか?

 

 

 
posted by 本売上向上請負人! at 23:39| Comment(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がん治療が有効だという結論にはならない。


 ガンの治療をして8年間生きているという人がいる。

 このことから、やはりガン検診をし、ガン治療をするべきだという結論に一見到達

しそうである。

 ガンが見つかりました。

 放射線なり、抗がん剤なり、手術なりして、8年間死なずに今も生きています。

 だから、ガン治療をすべきだという結論には、なりません。

 ガン治療をしなくても死なずに生きている可能性があるからです。
posted by 本売上向上請負人! at 23:21| Comment(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。