2010年12月28日

コレステロールの減少は細胞の回復と成長の両方を妨げる。


 うつ病や自殺者のコレステロール値は低い。

 心筋の回復にはコレステロールが必要だが、現代医療は心臓病の人にコレステロールを控

えるように指導する。

 滅茶苦茶である。

 心臓発作を持つ75パーセントの人が正常なコレステロール値を持っている。

 ということは、コレステロールは心臓病の原因ではないということだろうか。

 どうやら「コレステロール=悪いものだ」という間違った考えをブラザーフッドが広めた

ということだろうか。




http://www.davidicke.jp/blog/20101224/
posted by 本売上向上請負人! at 04:36| Comment(0) | デーヴィッド・アイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

抗癌剤で治るガンは存在しない。

posted by 本売上向上請負人! at 06:09| Comment(0) | ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。